2013年1月20日

Windows 8

入れてみました、Windows 8 Pro。ダウンロード64bit版で3300円。
Windows 7 が普通に動く Intel H67 + Core i5-2500K 3.3Ghz。
ダウンロードして、USBメモリに入れて、インストール開始。
デバイス的には何もエラー等出ず、すんなり終了。
(USBテレビキャプチャーは入れなおさないといけないけど)
あっけなくインストール終了。
多少変えたものの、スタート画面

スタートキーか、画面の左下にポインタを合わせると、デスクトップが出てきます。

これがスタートメニューのないWindows 8 のデスクトップ。

デスクトップからIEを開くと、いままでとなんも変わらない。

スタート画面からIEを開くと、全画面表示。
さてさて、とりあえずはデュアルブートにはしてみたものの、しばらくは、Windows 7 で様子見だな~

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月15日

Thunderbird/タブを下に表示する

最近のThunderbird、タブが一番上にあります。
スクリーンショットの
[下書き - ローカルフォルダ][送信済みトレイ - ローカルフォルダ]
と並んでいる所です

(メニューバーがある場合)
01

(メニューバーがない場合)
02

タブをメニューツールバーの下に表示する方法。
Thunderbirdの設定では出来ないのでアドオンを利用して設定する。

アドオン名
Rise of the Tools

アドレス
https://addons.mozilla.org/ja/thunderbird/addon/rise-of-the-tools/

このアドオンをインストールするとツールバーの位置をタブバーの上に移動させることができるようになる!

(メニューバーがある場合)
03

(メニューバーがない場合)
04

これでThunderbirdの不満が1つ解決です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Thunderbird/タブを非表示にする

最近のThunderbird、タブが1個の時にもタブが表示されます。
スクリーンショットの4行目?です

(メニューバーがある場合)
01_2

(メニューバーがない場合)
02_2

複数のタブを表示していないときは自動的にタブを非表示にする方法

GUI上で設定できないので、Thunderbirの設定エディタで設定します

メニューバー ツール > オプション > 詳細
一般 > 高度な設定 設定エディタ
(一般/表示/編集/セキュリティ/添付ファイル/詳細 の一般ではありません)
05

警告がでるので「細心の注意を払って使用」する

表示される項目の「mail.tabs.autoHide」を「true」に変更する

これでタブが1つしかない時は自動的にタブを非表示にすることができる

(メニューバーがある場合)
03_2

(メニューバーがない場合)
04_2

これでThunderbirdの不満が1つ解決です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月12日

Windows7 gifファイル Windows PhotoViewer

Windows7でgifファイルをダブルクリックするとIE等で開いてしまい、jpegみたいにWindows PhotoViewerで開くように変更する方法。
①gifファイルを右クリック。
 プログラムから開く-規定のプログラムの選択をクリック
Windows_photoviewer01

②「□この種類のファイルを開くときは、選択したプログラムをいつも使う」にチェックがあるのを確認し、「推奨されたプログラム」や「ほかのプログラム」に『Windows フォトビューアー』があれば、それを選択してOKを押して終わり。
多分、ないので「参照」をクリック
Windows_photoviewer02

③root\Program Files\Windows Photo Viewer\PhotoViewer.dllを指定する。
 Program Files (x86)ではない
 デスクトップにコンピューターのアイコンが無い場合は「スタートボタン」を右クリックし「エクスプローラーを開く」でライブラリを出し、左の画面のコンピューターの下のローカルディスク(C:)をクリック、右の画面でProgram Files→Windows Photo Viewerと開き「プログラム」を「すべてのファイル」に変更して「PhotoViewer」をクリックして選択して開くをクリック
Windows_photoviewer

④Windows フォト ビューアーがハイライトされていて、「□この種類のファイルを開くときは、選択したプログラムをいつも使う」にチェックがあるのを確認し、OKをクリック
Windows_photoviewer03
これでWindowsフォトビューアーで開いたはずで、gifファイルのアイコンも変更れれたはず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月29日

iPod用にDVDを変換する・・・HandBrake

DVDからiPod用のビデオを作るのに便利なソフト、HandBrake。
これ1本でDVDからiPod用動画を作れるので非常に便利です。
プリセットでiPodを選択すると、画質は700kbps、音質は160kbpsとなるけど、iPod nanoの画面サイズは2.2"(320x240)なのを考えると画質は192kbps位で十分かな?
動画タブの品質の平均ビットレートで指定(kbps)に192と入れればOK。
あとはiTunesにドラッグすると終了、と非常に簡単便利。
これで明後日出発のシンガポール行きの機内で色々見れるなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月11日

Windows7のエディションと価格

Windows7の発売まで2週間を切りました。
1月にベータ版を入れてみてXPとデュアルモード。
その後RC版を入れてみてXPとデュアルモード。
そしてRC版のみで稼動。
手持ちのソフトもハードもほぼ動く。
この辺からメインOSはWindows7。
Vistaは買わなかったけど、今回は買うつもり。
そこで考えるのはエディション。

●Enterprise
ボリュームライセンスのみ。パッケージ販売はない。Windows7の全機能入り。

●Ultimate
Ultimate
Windows 7 Ultimateアップグレード版が\24,690
DSP版FDDセットが\25,777
機能としてはEnterpriseと同じく全部入り

●Professional
Professional
Windows 7 Professional アップグレード版 発売記念優待パッケージが\18,601このパッケージは数量限定。
普通のWindows 7 Professional アップグレード版が\24,381
DSP版FDDセットが\20,777
機能的にはUltimateから暗号化のBitLockerと複数言語を無くした物かな。

●Home Premium
Home_premium
Windows 7 Home Premium アップグレード版 発売記念優待パッケージが¥12,994このパッケージは数量限定。
普通のWindows 7 Home Premium アップグレード版が\14,490
DSP版FDDセットが\15,777
機能的にはProfessionalからXPモード、ドメイン参加、自動バックアップを無くした物かな。

●Home BASIC
日本では発売予定のない新興国市場向け

●Starter
ネットブック等向けでパッケージ販売はない

Home Premium
(アップグレード優待パッケージ)
¥12,994
Home PremiumにはXPモードがない。
これはVistaやWin7で動かないソフトで困る。
Professionalとの差額は\5,607
差額を払う価値があると見る。
この機能の他にドメイン参加・自動バックアップの機能が不要ならHome Premiumで十分だと思う。

Professional
(アップグレード優待パッケージ)
\18,601

Ultimate
(通常アップグレード)
\24,690
ProfessionalにはないBitLockerと複数言語がある。
今の所不要と考えている。
Professionalとの差額は\6,089
不要の機能に差額を払う価値はないと思う。
どちらかの機能が必要なら、このエディションになるだろう。

これらを考えると自分的にはWindows 7 Professional アップグレード版 発売記念優待パッケージが一番良いようだ。
XPの購入以来、久々のOS購入となりそう。
と言っても今年に入ってからメインはWindows7だし、職場にもちらほらVistaのPCがあるので、GUIには慣れているので、あまり問題ないだろう。

そう言えば過去のCodeVersionを確認すると、
Windows95>>4.0
Windows98>>4.0.1998
Windows98SE>>4.10.2222
WindowsMe>>4.90.3000
Windows2000>>5.0
WindowsXP>>5.1
WindowsVista>>6.0
Windows7はWindowsCodeVersion6.1。
なんだそれ?と思ったが、
95~Meが4.x
2000・XPが5.x
Vista・7が6.x
そうくくれば確かにうなずける話だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月 4日

Linux Ubuntuを試してみる

久々のLinuxを試しをしてみました。
ディストリビューションは、Ubuntu。
KNOPPIXなどのあるDebian系で、
Red Hat系ではない模様。

UbuntuのインストールCDからGUIのOS起動可能なのがWindowsと違います。また、起動してHDDの内容を消去せずにパーティション操作可能なのも違います。
おかげで、HDDに新しい論理ドライブを作成して、そこにインストール出来ました。

インストールすると、IPアドレスは自動で取得し、Firefoxですぐインターネット可能。
01internet
このココログも、そのままアップ作業しています。

録画した物も、WindowsMediaPlayerみないなものが入っているので、そのまま再生可能でした。
02tv
レコーダー→DVD→PCと持ってきたものです。

エクセルとワードは、エクセル等のVBAはうまく動かないだろうけど、普通の「表」なら、互換ソフトのOpenOffice.orgでなんなく使用可能。
03word
下に見えるミニチュアダックスのタロウは、写真の入ったフォルダを開いた所。
ちゃんとサルネイムも表示された。

UbuntuだとIEじゃないので×なHPがあったり、Windows用ソフトはもちろん使えないので手持ちのDVDソフトが利用できない、この辺が難ありな所かな。
Windows7だとIEなので○なHPがあり、手持ちのDVDソフトがそのまま利用可能だったりするのが強みかな。
その辺を解決できると結構使えるかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月28日

Windows 7

Windows 7 ベータ版が公開されていたので入れてみました。
そういえばWindows Vista RC1 の時も入れてみたような・・・
マイクロソフトのHPからisoファイルをダウンロードし、
インストール用DVDを作成し、HDDのパーティションを区切り、
DVDから起動する設定にしてリブートします。
ここから15~20分程でインストールが終わりました。
雑誌やサイトで言われている通り、インストールは早いです。
新しいデスクトップが出てきました。
Win71_3
全体的な雰囲気はVistaとあまり変わりません。
Vistaを普通に使っているユーザーなら、何も違和感なしに使えそうな雰囲気です。
ガジェットを調整できたり、ツールバーが大きくなったり、
最近試していたLinuxのUbuntuもこんな感じでした。
VistaではうざかったUACもレベル調整できたり、色々な違いはありますが、感じた事が1つ。
こちらも雑誌やサイトの前評判と同じく、
思ったよりサクサク動く事、これは大事な事ですねぇ。
ではOSの機能や付属のソフトを見てみましょう。
Win72
デフォルトで入っているブラウザはI.E.8
単独ダウンロード可能で、XPやVista環境の人も試せます。
コマンドプロンプト自体はもちろん健在ですし、
ファイルを名指定して実行の「msconfig」
・・・システム構成も健在です。
Windowsですのでペイントも健在です・・が、ペイントのGUIがOffice2007みたくクイックアクセスなのはちょっとびっくりです。
付箋が標準でついているのにもびっくりです。
これではフリーソフトが・・・

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年12月23日

VISTA起動時にパスワードの入力をせずに自動ログオンする

VISTAでパスワードの入力をせずに自動ログオンするためには、アカウントが1つのみの場合、
・パソコン初期設定でパスワードを設定しない(空白のまま)
・パスワードを設定している場合に、パスワードを削除する
(かつ「Guestアカウント」がOff)
があるけど、それらはちょっと怖いなぁ

では、まず「ファイル名を指定して実行」から
この「ファイル名を指定して実行」を
スタートメニュー直下に置く方法は
●こちら●
201
ここに「control userpassword2」と入力し「OK」
UAC(ユーザーアカウント制御)が出てくるのなら
202
「続行」、うざい場合は出ないようにする方法は
●こちら●
「ユーザーアカウント」を表示
203
「ユーザーがこのコンピュータを使うには~~~」
のチェックをはずす
複数アカウントがある場合は、
自動起動したいユーザーを選択し、同じくチェックをはずす
これで自動ログオン設定完了

続いて2つ目「いじくるつくーる」を利用する
他の色んな設定を変えたい場合にお手軽に出来るソフトです
以前は「窓の手」なんてのもありましたが現在はこれですね
こちらからダウンロードしインストールします
ソフトを起動し
全てのカテゴリ→WindowsNT系→WindowsNT系ログオン
301
と辿っていくと
「WindowsNT系ログオン」が開くので
302
「自動ログオンを利用する」
にチェックを入れユーザーとパスワードを入力
これで自動ログオン設定完了

それにしても「ようこそ画面」がデフォルトでクラッシック表示がないのは残念

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月10日

VISTAスタートメニューに「ファイル名を指定して実行」

VISTAのスタートメニューにある「検索」。
ここにアプリケーション名を入力して実行したい場合、
スペルを全て間違いなく入力しないといけない。
オートコンプリートも機能しない。
でも「ファイル名を指定して実行」だと、
オートコンプリートも機能し、もっと簡単。
「検索」みたくスタートメニュー直下に置いては?
000

ます「ファイル名を指定して実行」がどこにあるか?
「スタート」をクリック
「全てのプログラム」にマウスを合わせプログラムを表示
「アクセサリ」を選んでクリック
「ファイル名を指定して実行」が表示される
ここだとたどり着くのが長い。

では、その方法とは?
タスクバーを右クリックして出てきたプロパティをクリック
「タスクバーと[スタート]メニューのプロパティ」を表示
001
2つあるうちの上の方の「カスタマイズ」をクリック
[スタート]メニューのカスタマイズを表示
002
[ファイル名を指定して実行]コマンドにチェックを付ける
これでスタートメニュー直下に「ファイル名を指定して実行」が表示されるように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)