« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月15日

Thunderbird/タブを下に表示する

最近のThunderbird、タブが一番上にあります。
スクリーンショットの
[下書き - ローカルフォルダ][送信済みトレイ - ローカルフォルダ]
と並んでいる所です

(メニューバーがある場合)
01

(メニューバーがない場合)
02

タブをメニューツールバーの下に表示する方法。
Thunderbirdの設定では出来ないのでアドオンを利用して設定する。

アドオン名
Rise of the Tools

アドレス
https://addons.mozilla.org/ja/thunderbird/addon/rise-of-the-tools/

このアドオンをインストールするとツールバーの位置をタブバーの上に移動させることができるようになる!

(メニューバーがある場合)
03

(メニューバーがない場合)
04

これでThunderbirdの不満が1つ解決です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Thunderbird/タブを非表示にする

最近のThunderbird、タブが1個の時にもタブが表示されます。
スクリーンショットの4行目?です

(メニューバーがある場合)
01_2

(メニューバーがない場合)
02_2

複数のタブを表示していないときは自動的にタブを非表示にする方法

GUI上で設定できないので、Thunderbirの設定エディタで設定します

メニューバー ツール > オプション > 詳細
一般 > 高度な設定 設定エディタ
(一般/表示/編集/セキュリティ/添付ファイル/詳細 の一般ではありません)
05

警告がでるので「細心の注意を払って使用」する

表示される項目の「mail.tabs.autoHide」を「true」に変更する

これでタブが1つしかない時は自動的にタブを非表示にすることができる

(メニューバーがある場合)
03_2

(メニューバーがない場合)
04_2

これでThunderbirdの不満が1つ解決です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 7日

普通の日本の風景

5/2の水曜どうでしょうののHPに、こんな本日の日記がありました。

↓以下水曜どうでしょうのHPより抜粋↓

東京から新幹線に乗り、仙台へと向かいました。

E5系というね、新型車両の窓側の席に座りまして、弁当を食べながら春の東北路の風景を眺めておりました。

東京はもう桜が散っておりましたが、福島あたりの山里では、あちこちで桜が花開いておりました。

福島には、きれいな桜が咲いておりました。

田んぼには水が張ってあって、今年も田植えが始まろうとしておりました。

「日本の春の風景」が、福島にはありました。

北海道に住んでいると、「普通の日本の風景」に、たまらなく心を動かされるようになります。北海道は、日本の中の外国なんです。瓦屋根はないし、竹林もないし、茶畑もないし、桜の花も種類が違います。

だから私は、いつしか「日本」という国を、日本に住んでいながら、客観的に見るようになったような気がします。

そうすると、京都や、富士山や、東京の喧噪よりも、「日本」という国を強く意識するのは、新幹線の車窓から見えるような、この国の「普通の風景」です。

日本のどこにでもあるような風景にこそ、この国らしさ、異国情緒を感じるんです。

密集した住宅地を抜け、工場が建ち並ぶ郊外を抜け、田園地帯に入り、川沿いには黄色い菜の花が咲き、桜が咲き、鯉のぼりが風に揺れている。そのすべてに、「日本」という国の美意識を感じます。北海道から来ると、それが、涙が出るぐらい美しい日本の風景に見えるんです。

↑以上水曜どうでしょうのHPより抜粋↑

北海道から来ると美しい日本の風景に見える・・・瓦屋根、竹林、茶畑、桜の花(は散っていたが)、どれをとっても、GW、九州を縦断しながら思いました。
またこういう景色を見たいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »