« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月30日

JWマリオットホテルソウル

先ほど到着し荷物整理完了。さて、近場を見て来るか、寒いので直結しているモールだけ。
(^-^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成田空港サクララウンジ2

成田空港サクララウンジ2
引き続きまして、サントリーローヤルで水割りを頂きます。1人宴会モード全開?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

成田空港サクララウンジ

成田空港サクララウンジ
成田空港サクララウンジ(サテライト)で、ビールをいただいております。次のつまみは何かなぁ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

空弁機内食?

空弁機内食?
羽田までの空路でいただく弁当と、ウチの人の大きいオニギリです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新千歳サクララウンジ2

新千歳サクララウンジ2
ここは禁煙です。でも、出てすぐ喫煙所があるので問題オプソヨ?続いてはウィスキー水割り。オーヘントッシャンクラッシックってウィスキーだそうです。昼前から1人宴会モードじゃぁ、羽田着いてから、大丈夫か?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新千歳サクララウンジ

新千歳サクララウンジ
新千歳サクララウンジ内でビールをいただいております。サッポロクラッシックとアサヒスーパードライがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月28日

台湾 2回目 23 帰国

8/29(日)台北4日目
外は雨、3日間良く晴れててくれました。今日は、帰るだけです。朝7時にロビーに集合です。何とか起き出して身支度と荷物詰め・・・ちょっと早いけど50分くらいにはチェックアウトできました。JTBの迎えが来るまでソファーでくつろぎます。千歳から参加の、隣の部屋の女性1人もいました。お、着いたようです。バスに乗り込んで、おや?このホテルに他に2人いたんですね。最後にもう1件、ホテルによって空港だそうです。朝早いからなのか、スイスイっと渋滞知らずです。すんなりと空港に到着です。
eチケットの自動チェックインだろうか?ここでeチケットの控えとパスポートを出すと、現地係員が端末で操作、今日のチケットをくれました。次はカウンターで荷物を預けます。カウンターもガラガラ。荷物を預けて、セキュリティーへ。
 
イミグレもすんなりパス。早い!あまりにも早く終わったので、出発まで1時間半くらいあります。お店をのぞいたりしてたけど、何か食べる事にしました
  
2Fに2軒あるうちの屋台風の方です。確か、ここの小龍包は有名店のはず・・・名前何だっけなぁ?でも、おいしかったです。ルーロー飯も○タピオカミルクティーも○。この桃園空港、到着時には喫煙所がないけど、出発時の制限区域には、外と言う扱いで喫煙所があります。嬉しいですねぇ。そんなこんなで、搭乗です。
帰りの飛行機は比較的空いていました。出発前、前の非常口座席が開いていたので移動したら、英語で「非常時にはお手伝いを!私の言っている事分かりますか?分からないなら別の席に移って」と言われたので、アイシーと言っておきました。
 
おかげで広々足元でちょっと楽です。機内食は、チキンカレーにポークです。
 
飛行機は無事に到着、3泊4日の台北旅行が終了しました、とさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月27日

台湾 2回目 22 台北101フードコート

台北101のフードコートは、ガイドブックによると大きい部類に入るらしい。確かに広いです。何を食べようか?というより、何が食べれるか少し心配。ぐるっとひとまわりして、結局、一番最初のお店に。ルーロー飯(魯肉飯)と魚ボールスープと何とか豆腐のセットにしました。
 
飲み物はKFCでコーラ。ルーロー飯、おいしかった。スープもまあまあでした。魚ボールはいまいちだった。何とか豆腐は、生揚げの煮物みたいで、にんにくが効いていておいしかった。この後、パイナップルケーキを買って帰ります。お菓子屋さんのパイナップルケーキは高かった。101を出ると、ちょうど駅までの無料シャトルバスが待っていたので乗り込みます。駅からMRTで西門町まで行き、コンビニに寄ってホテルへ。今夜はおしまい。後は、帰るだけとなりました。
明日は、7時にロビーです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月26日

台湾 2回目 21 台北101

夕方から台北101へ行きます。前回は、お休みだったので代わりに、三越の展望台に行きました。ちなみに、今は、三越の展望台はやっていません。ある意味、良い選択?ホテルからタクシーで行きます。
 
中に入り、上に登る前に地下のフードコートの様子をのぞいて見ます。食料品売り場もあります。SOGO、JASONS MARKET PLACE、コンビ二、色んなのが入っています。パイナップルケーキもある!安いか?下見を終えて5Fのチケット売り場へ行きます。チケット売り場、ちょっぴり並びます。そして、エレベーター待ちの列でも少し並びます。なんだぁ、人なんかガラガラかと思っていたのに。長蛇の列と言う訳ではありませんが。
そして、ついに登ります。着いちゃった。エレベーターのお姉ちゃんがすんごい早口で?案内してたけど、中国語だからそう聞こえただけかな?眺めは?と言うと、おお!さすがです!きれいです。

ぐるっと一周した後は、上の階の屋外展望へ。高くても気温は変わりありませんなぁ、やはり外は暑いです。この後は、屋内に戻り、このビルを支える?丸い物体見学しました。さて、
下に戻ろうとエレベーターに戻ると、出口専用で入り口は別フロアとの事。入り口専用のフロアに向かいます。その途中には、宝石売り場があり、ここ通らないと帰りのエレベーターに乗れないようになっている仕組みでした。
エレベーターを降りて、何か食べたくなったので、地下のフードコ-トに向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月25日

台湾 2回目 20 HelloKittySweets

ありました、HelloKittySweet、喜ぶウチの人。
 
中に入ると結構な人がいました。少し待つようです。1Fはケーキショップ&カフェ、2Fはカフェとなっているようです。しかしまぁ、すごいですなぁ。ウチの人は、ここぞとばかりに激写!します!?
    
順番が来たようなので、2Fのカフェスペースに行きます。2Fのカフェスペースの様子です。
  

2人で違うケーキセットを注文しました。確か、日本語表記はなく、英語表記はあったような気がします。
  
 
チーズタルトとプリン、アイスコーヒーとオレンジジュース。味は・・・ぁ、ぁ、甘~い。ウチの人いわく「見た目が命」だそうです。最後にイチゴゼリーです。こちらも、見た目重視だそうです。こちらで思いのほか時間を費やしましたが、ウチの人は満足そうで良かったです。思ったより日本人比率が低かったような気もします。
ここから、ホテルに帰ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月24日

台湾 2回目 19 マッサージ

ミスドで腹を満たし、マッサージ屋さんに向かいます。タクシーの運転手さんに、マッサージ屋さんのパンフレットを見せて、どうやら、行けそうです。ありました!着きました!2時、ちょっと過ぎ。受付で名前を言って、「ナニスル?」と聞かれ、2時間の温湿布付きの全身マッサージにする事に。トイレによってから部屋へ行きます。一緒にできるようです。着替えをして、お茶を飲み、しばし待ちます。担当のマダムが見えまして、マッサージ開始。途中、特にウチの人に、「顔ツルツルナルヨー」とか、「爪切リシナイー」などの誘い係が声をかけていきましたが、丁重にお断りをして2時間コース終了、なかなかすっきりです。会計の前に、「帰りオクル?」と聞かれたので、ガイドブックを出して、ウチの人が行きたがっていたHelloKittySweetを指差してみます。どうやらOKらしい。会計は、2,000元×2人で4,000元でした。支払いの後、店のワゴン車に乗って向かいます。
ありました!HelloKitty。よかったねぇ。あんなに探してなかったのに!!この時、地図の勘違いに気が付きました。どうりで、探してもない訳だ。
温莎堡商務養生館(ウィンザー男女健康マッサージ)
(GoogleMap)中華電信の向かいぐらい

(↓Google Street View)えんじ色の建物の黄色い看板です

大きな地図で見る
黄色の看板の所です。
(↑Google Street View)

| | コメント (0)

2010年12月23日

台湾 2回目 18 迷子

お茶屋さんを出て、とりあえずSOGOに戻り、外でとりあえず一服します。
さて、これからどうしようか?ウチの人が行ってみたいと言っていたHelloKittyCafeに行ってみる事にしました。
が、これが、探しても探しても、見つからない。もう、お昼も過ぎてきた。2時までにマッサージ屋さんに行かなくてはなりません。つぶれたのか?腹減ったので、何か食べたいし・・・
HelloKittyCafeは置いといて、SOGOに戻りごはんを食べようと思ったけど時間が押しているし、レストランは結構混んでいる。うーん、しょうがない、店内のミスドで腹を満たす事にしました。
ちょっと悔やまれる1食です。

後で分かった事でしたが、ここって、SOGOが道を挟んでななめ向に2件あるんです。地図を見ていて、180℃反対に見ていました。どっちにもSOGOがあるのは分かっていたけど、支店名を間違ったため、明後日の方を探していたそうな・・・・
青い店舗が復興店、白い店舗が忠孝店…
 
いくら歩いても、ないわけだ。真昼の炎天下、この徒歩はきつかった。

問題の場所
(GoogleMap)前に見える白いSOGO、後ろには青いSOGOがあります。

(↓Google Street View)

大きな地図で見る
(↑Google Street View)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月22日

台湾 2回目 17 和昌茶荘

ホテルに戻って、少し休んで、これからお茶屋さんに行きます。MRTに乗って、SOGOへ。開店の時間です。食品売り場のお茶を覗いてみる事にしました。試飲を頂きました。なんか、ほうじ茶みたいです。って、確か高いお茶でした。ウチの人は「また来ます~」と作り笑顔で売り場を後にしました。外に出て、ガイドブックに載っているお茶屋さん探しです。結構すんなり見つかりました。でも、気をつけて見ないと見落としそうです。中に入ると、先客が2人いました。店主のおじさんは、入って入って、座って座って、と。お茶のいい匂いがします。
  
席に座ると、まずは、お茶の値段表をくれました。そして、メモ紙も、これに欲しいもの書いてとの事。おじさんは、日本語が話せます。先客は日本人でしたが、少し台湾の言葉が話せるのか?入り混じって話をしていました。で、お店の人と思われる兄さんは、おじさんに通訳してもらいながら会話に参加。なんか複雑だけど、面白い。しかし、この兄さん、この店の隣に住んでる会計士で、ただのお隣さんだった。毎日、ただ茶を飲みに来ているらしい。血糖が高めとか言ってました。で、おじさん、ちゃんとウチの人の接客もします。「飲みたい物言って!出してあげるよ」。ナンヤカンヤと飲みたいものはしっかり試飲させてもらったウチの人は満足そうでした。ちょっと、お腹がタプタプしましたけど。で色んな種類をお買い上げ。グレードはともかく、ここで売っている値段を見ると、お土産屋や空港で売っているお茶が、いかに高いかが良く分かります。怖いです。でも、ここのお茶屋さんで買うと、怖くないです。ウチの人が言うには、このお店は安心して買えて、ちゃんと、値段表があり、100グラムから買えて、同じお茶でもランクが違うと味が違うってちゃんとわかり、高いのを強引に進めることもしないし、良いお茶、飲みやすいお茶、毎日飲むには十分なお茶とか、ちゃんと教えてくれる。どうやら今回は、せっかく台湾に来たので、日本では手が届かないお茶を買ったみたいでしたが、普段用にティーパックも購入してました。でも、これ、十分においしかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月21日

台湾 2回目 16 ジュース屋さん

南門市場から帰ろうとしましたが、ウチの人が、近くにあったお店が気になったようです。豆槳大王?豆腐のデザート屋さんかな?って思ったけど、なんか、違ったらしい。

で、おとなりのジュース屋さんへ。

ウチの人はスイカジュース、自分は、マンゴーを注文するも、やはりナイ!で、パパイヤを注文しました。お店のおばちゃんが作ってくれます。パパイヤに牛乳が入りました。

店前のテーブルを借りて、飲みながら一休み。暑いので、おいしくいただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月20日

台湾 2回目 15 南門市場

9/28(土) 台北3日目
ホテルの朝食は、昨日と同じだろうと、カメラを持っていかなかったら、メインの料理が微妙に変わっていた。今日もそこそこ食べられました。今日は、2時にマッサージの予約がある。さて、これからどうしようか?まだデパートも開いていないので、前回の台湾でお休みだった南門市場に言ってみる事にしました。MRT中正紀念堂駅からすぐです。
 
カラスミや金華ハムなどたくさん売ってます。
 
昨日買った値段の半分のカラスミを1つお買い上げ。

次は金華ハムです。あれ?安いのか?ボデーランゲージを駆使して意思疎通を図り、試食を願い出るウチの人、通じたらしく、お姉さん、シショク?と聞いてきた。こちらも数個、お買い上げ。

あれ?2階もある。行ってみよう!ん?洋服?こちらはまだ開いてない。

さて、一度帰りますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月19日

台湾 2回目 14 饒河街夜市

九份から饒河街夜市へタクシーで直行です。1000元でした。市場の入り口あたりに、名前は分からないけど、素敵なお寺がありました。
 
そう言えば腹へってきました。
 
胡椒餅に臭豆腐。買ったのは唐揚げです。
  
小50元。あれ?骨骨、骨骨で、食べる所がない!!

愛玉ゼリーもいただきます。
端っこまで行ったので、反対側を戻ります。おっ?カキ氷だ・・・ここはミルク氷を削ってる。
 
マンゴーカキ氷を頂きます。このマンゴーが甘い!90元最高~!屋台で水が沢山使えないので、お皿をビニール袋に入れて、その上にカキ氷が乗っています。食べ終わると、綺麗にビニール袋を取って、新しいビニール袋に入れてました。
  
最後にこれ…焼きたてをもらいます。2個20元。あれ?上海で食べた焼小龍包かと思ったら、違った。そう言えば
まず、大きさが違う。

これが上海のです。味の方は残念。帰る時に気が付いたのですが、鴨麺を食べ損ねてしまった。まぁ、また来る事もあるだろう。夜市を後にし、タクシーでMRT西門町駅へ。駅からは、またまた繁華街をウロつきながら帰ります。ちょっとメニューが気になったので、マクドナルドへ寄ってみます。

チーズバーガー、チキンバーガー、コーラ
チキンは何も言わなくてもホッとチキンだった。
台北2日目は、これにて終了

部屋でカラスミをつまみに一杯・・・カラスミ美味しいかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月18日

台湾 2回目 13 九份

ホテルで、一休みして、そろそろ九份に行きます。MRTで忠孝復興駅まで行き、SOGO近くのバス停へ。1062番の金瓜石行きの路線バスを待ちます。しばし待って、ようやく来ました!乗る時にお金を払うと、券らしき物をくれました。途中のバス停に止まったら…運転手さん逃亡?しばらくしたら帰ってきて、何事もなかったように出発しました。トイレにでも行ったのか?良くわかりません。
 
目的地までは1時間程らしいです。座れたので、結構、眠ったり、途中の景色を見たりしました。そして、到着です。降りたら、まず、帰りのバス停を確認。さて、出発!まず、何と言うか、横の通りを行きます。途中、階段の縦の通りがあります。登って行きます・・・が、行き止まり。戻って、横へ行くと、また、行き止まり。も一度戻って縦の通りの階段を降りてみると、ガイド本で見た景色が広がります。
   
このまま、横の通りで出発地点に戻れるかと思ったら、ツアーのガイドさんが「また、階段を登って行かないと帰れません」と言っているのが聞こえました。残念。最後の登りはきつかったなぁ。頑張って、出発地点へ戻り、さて、帰りますか・・・って、バス停はひどい人だかり。バスがいつ来るか分からないし、バスも混雑しそうなので、タクシーで最寄駅の瑞芳まで行く事にしました。九份から瑞芳駅までは180元の定額制だと聞いていたのですが、その通りでした。しばらくすると、タクシー運転手さん、何か話し始めました。台北市街地等のホテルまで1000元で行くと言うお誘いでした。料金表を渡してくれました。ここへくる時の聞いたタクシー料金から考えても、決してぼったくりではないようです。このまま乗って行く事にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月17日

台湾 2回目 12 迪化街の永久號

カーテンが直り、ホテルを出て、「るるぶ」で見つけたカラスミ屋さんに行く事にしました。徒歩で行ってみました。迪化街の永久號です。思ったより距離があり、暑くて、失敗した~と思いましたが、なんとか到着。ここで実家等のお土産用のカラスミをお買い上げ。1つを、今晩の酒のつまみにすると言ったら、店のおじさんが「じゃ、今作ってく?」と親切な言葉。素直にお願いすると、あらら、用意が良い事、カセットコンロとフライパン、焼酎を出してきて実演よろしく、炙り始めました。で、いい匂いがしてきました。そのまま出来上がり、カットもしてもらい、完成です。大変素晴らしい、つまみになりました。

店を出て、迪化街を少し歩いて見る事に。乾物がいっぱい並んでいます。来る時は徒歩で大変だったので、タクシーでまたまたホテルに帰ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月16日

台湾 2回目 11 JTB台北 & ホテルでトラブル

お昼の後、JTBに行きました。明日のマッサージの予約をしてもらうためです。2人で受けるマッサージです。到着した時にもらったパンフレットに載っていたマッサージ店に行く事にしたので。なにやら、粗品をもらえるらしいので、ウチの人は何かもらってました。

JTBの人に「動物園に行ってきたんですか?暑かったでしょう?」と言われました。ウチの人が持っていたパンダグッズの入った袋でわかったようです。「はい、パンダとコアラだけ見てきました」とは言いませんでしたが、「暑かったです」と答えておきました。JTBの用事も済み、地下鉄でホテルに帰ろうとすると「タクシーで帰ろう」となって、一旦ホテルに帰る事にしました。
JTBからホテルに戻り、一休み。ここで、アクシデント発生!
 
カーテンを開けようとしたら、レールごと取れた!!フロントに電話をして説明、ほどなくスタッフが来て、見て理解したようです。修理するから問題ないようだ。しばし待つ・・・修理のおじさんがやって来ました。無言で黙々と作業をして帰って行った。修理の途中、レールの着いていた場所を覗くと、レールを留めるネジの穴がいくつも開いています。これが始めてではないようです。あ~良かった!?ここは台北。ホテルの客室は禁煙です、って、窓を開けようとしてカーテンを開ける事とは関係ありませんので、あしからず。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月15日

台湾 2回目 10 鼎泰豊

動物園を後にし、市内中心部へ向います。腹が減ってきたので、昼食に。ここは台北、小龍包の名店の鼎泰豊に行く事にしました。本店に!とも思いましたが、アクセスの良さから、MRT直結のSOGO復興店のB2にある復興支店に行く事にしました。
 
ちょうど、お昼時で少し混んでます。受付の人に何か聞かれたので「2人」と指を出すと、どうやら日本人と伝わったらしく、日本語で対応されました。ちょっと待って席へ。注文は、いつもと変わらず、小龍包2つ、蟹小龍包1つ、チャーハン1つ(今回は蝦豚)、ウチの人は芯空菜(野菜炒め)に挑戦。更に酸辣湯(サンラータン)の小にもチャレンジするそうな・・・辛いのに。
    
やっぱり普通の小龍包はおいしかったです。でも蟹小龍包は、なぜかまずかった。何だろう、今まで他の国で食べて来たのと全然違う。チャーハンはそれなりかな?ウチの人の芯空菜は、美味しかったそうです。でも、残念ながら酸辣湯はあわなかったみたいで残しておりました。黙って大好きな蝦ワンタンにすれば良かったのに。食べられない物があったりしたので、少し残しして帰ろうと席を立つと、すかさず、「お持ち帰りしますか?」と聞かれました。この辺の対応は、やっぱりどこの店舗にいっても素晴らしいですね。今回は「(ごめんなさい)いりません」とお断りし、店を後にしました。ここには他に、日本にあるような?ないような?レストランもありました。
   
これで鼎泰豊は、上海、香港、シンガポール、東京、台湾と行きました。小龍包はどこで食べてもウマい。
食後は建物の外にある喫煙スペースで一服。

さすが日系デパート!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月14日

台湾 2回目 9 台北動物園

朝食の後、ホテル向かいの銀行で両替をします。

両替後は台北動物園に向かいます。西門駅からMRT(台北捷運)板南線を南港方面へ、忠孝復興駅で文山線 ( 旧 木柵線 ) を動物園駅方面へ。この分山線、新交通システムと言って、運転手なしの自動運転です。「ゆりかもめ」みないな感じなんですが、乗った感じは少し違います。それは車輪がゴムタイヤだからです。乗り心地に少し違和感があります。バスのような、電車のような・・・。車両は2両編成を2つつなげてあって、2両目と3両目の間は行き来できません。そんなMRTに揺られて終点動物園駅へ。その名前の通り、動物園は降りてすぐです。チケット売り場で入場券を購入。
  
まだ、開園間もないせいか、お客さんは、まばら。チケットもすんなり買えました。とりあえず暑いので、マックでコーラのMを購入して涼みます。
 
?Lじゃないのか?ここは台湾だぞ!アメリカじゃないぞ!!
さて、なぜ、ここへ来たのか?それはこれです。
 
大熊猫・・・パンダです。室内で大事に飼育されています。カメラ禁止との張り紙もあります。が、皆さん、ばしばし撮ってます。パンダも気にしている様子もないので撮る事にしました。監視?のお姉さんがいたので控えめに撮りました。けど何も言われない。ちなみに隣の部屋にいるパンダは、ず~と寝てました
ブースを出てお土産屋さんへ。ウチの人は、大喜びです。おまけに、安い!大きいぬいぐるみも安かったけど、荷物のサイズを考えて断念し、小さい物だけ買ったようでした。
 
次に、ここへ来たもう1つの目的へ。
  
無尾熊・・・コアラです。が、2匹とも…まったく動かず・・・ぬいぐるみだったのかも!?
この2種類を見たのでミッション完了、帰ります!この動物園、結構広いそうです・・・この暑い中、全て見て回ると考えたら恐ろしいです。60元で、パンダとコアラが見られれば十分です。と言う事で、動物園を出てMRTに乗ります。そう言えば帰る頃、お客もそこそこ増えてきました。

<↓Google Street View>

大きな地図で見る
<↑Google Street View>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月13日

台湾 2回目 8 パラダイスホテルの朝食バイキング

8/27(金)台北2日目
朝食会場へ…Dグレードホテルにしては、まあまあの品数なんだろうか?
 

 
そこそこ食べられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テスト

テスト
ケータイ(←半角カタカナ)
〓(←絵文字ケータイ)
からのテスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月12日

台湾 2回目 7 足つぼマッサージ 足満足

 
カルフールからホテルに戻って荷物を置いて、もう一度外に出て、ホテルの向かいにある足つぼマッサージ屋の足満足に行きます。
<↓Google Street View>

大きな地図で見る
<↑Google Street View>
写真の中央にある青い所です。カメラは持たずに来たので写真はナシです。
パラダイスホテルの口コミを見ていると、安くてなかなか良いと、おおむね評判のようです。店の入り口を見ると「足つぼ+頭肩+足湯で700元のところを600元」確か45分?となっています。受付は、とりあえず日本語で問題なさそうで、ホッとします。店の中で少し待ちます。店の中は、エアコンがガンガン効いてます。足湯の準備が終わり、呼ばれたので奥に行くと、少し大きなバケツサイズのタイル張りの小さな足湯がいくつかありました。その中の2つに、黄色っぽいバスクリンというか、オロナミンCみたいなお湯が入っています。しばし浸かっていると呼ばれました。いよいよ足つぼマッサージです。少し痛かったです。タイマーが30分たった事を告げます。続いて、地下に降りて行き、うつ伏せで頭肩マッサージを15分?なんか、頭肩というよりは…背中?まあ、いいです。痛くはないので。こちらは、気持ちよかった。
マッサージ後、コンビ二でビールとつまみを買ってホテルに戻りました。
  
セブンイレブンに入るとモワッとする漢方の匂いのするのは、この写真の茶色い煮卵の「茶葉蛋」。おでんのように売っているのですが、ウーロン茶+漢方で煮込んだそうです。そこそこ食べられました。
 
この3つは毎日、朝用に買いました。自分の朝の冷たいブラックコーヒーと、ウチの人のヤクルト?とお水です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月11日

台湾 2回目 6 西門町・夜の散策

台北牛乳大王を後にして、MRT西門町駅まで歩いて行きます。色んな店や屋台や露天が並び、賑やかです。そう言えば、クロックスにハローキティサンダルがあったのですが、合うサイズがなくて残念そうでした。
  
西門町駅から近いカルフールに行ってみようとガイドブックを見るも、カルフールの事は詳しく載ってません。ガイドブックを見て探していると、通りすがりの若い女性が突然「どこ?」と話しかけてくれました。でも、「カルフール」と言っても、もちろん通じず、漢字でどう書くかも調べてないので、残念ながら「ごめんなさいね」と行って去っていきました。ガイドブックに載ってたら、教えてもらえたのに・・・。台北の案内サイトやブログに、困ってそうな人がいたら声をかけてくれる、とあったけど、まさしくその通りでした。
なんとかカルフール「家楽福」を発見しました。
 
さっそく中を見てみます。とりあえず、食品売り場でエッグタルトを見つけたので買ってみます。ここからタクシーに乗り、ホテルのフロントから持ってきたホテルカードを見せてホテルに戻ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 9日

台湾 2回目 5 台北牛乳大王

西門町にあるパラダイスホテルを出て町に出ます。まず向かったのは、近くにある「台北牛乳大王」です。ここでマンゴーヨーグルトを頼もうと・・・。店に入り、メニューを見ても、もちろん漢字ばっかりで、さっぱりわかりません。いや、わかるんですよ、果物の種類によっては。日本と同じ漢字を書くものもちらほらありました。が、マンゴーが、どういう漢字になるのか、事前に調べて来なかったので、「マンゴーヨーグルト」と言ってみると、店員さんが日本語メニューを渡してくれました。
 
マンゴーヨーグルトがメニューから消されています。どうやら、マンゴーは、もうないそうです。残念。じゃあ他のと言う事で、パッションヨーグルトを注文。もう1つはパパイヤ牛乳でした。少し小腹が空いたので、ハムタマゴサンドも注文しました。飲み物はすぐ出来たのですが、ハムタマゴサンドは作っている様子がない。おかしいなぁ、と思ったら、パンの焼ける匂いがしてきました。ハムタマゴサンドってメニューにあったけど、トーストしたものでした。
 
小さいのがパッションヨーグルト、大きいのがパパイヤ牛乳です。パッションヨーグルト、甘酸っぱくておいしかったです。パパイヤ牛乳も青臭さはなく、多分、砂糖も入っているのか、甘くておいしかったです。
<↓Google Street View>

大きな地図で見る
<↑Google Street View>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 8日

テスト2

テスト2
写真投稿のテスト2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テスト

テスト
写真投稿のテスト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台湾 2回目 4 パラダイスホテル(一楽園大飯店)

パラダイスホテル(一楽園大飯店)の部屋の様子
今回のツアーはDグレード ホテル指定なし/朝食付き。台北の西門町にあるパラダイスホテル(一楽園大飯店)です。ガイドがチェックインをして、朝食の確認をし、現地ツアーはないので、帰る日の集合時間の確認をして鍵を渡してくれました。そして最後に「最近このホテル、中国のお客さんが多いから、鍵だけはしっかり閉めて」と念を押してました。って中国人じゃなくても気をつけると思うけど・・・。さて、ここは、Dグレードホテル、鍵をもらったら後は、自力で荷物を持って部屋に向かいます。チップの小銭の心配がないので、逆に気が楽だったりして。部屋は8階2802室です。それではパラダイスホテル(一楽園大飯店)の部屋の様子を大公開です。
      
部屋は、思っていたより広かった(決して広い部屋ではないけど)。荷物を広げて明日の準備をして、さて、出かけますか。

<↓Google Street View>

大きな地図で見る
<↑Google Street View>
左側の建物、入り口に「一楽園」(字は少し違うけど)とあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 6日

台湾2回目 3 台北桃園国際空港

飛行機は定刻通りに到着です。早々に飛行機を降りて入国審査へ向かいます。この時間の到着は他にないのか?

サーモグラフィの検疫?を通り過ぎてイミグレの前に到着。

広い、でも閑散、並ぶこともなくスイスイ。あとは荷物の回収。

着いた時はまだ準備中。しばらくして、ターンテーブル始動、大分たってから出てきました。その後、関税を通る前に、一応1万円分両替しておきます。

到着口を出てJTBのガイドの所に集合です。札幌以外の他の空港からの参加者を少し待ちます。残念ながらここの空港の到着時はタバコを吸える所はありません。ロビーにもありません。外を見てみましたが、外にも喫煙スペースは見つかりませんでした。JTBのガイドにも聞いてみたが、吸える所はないそうな・・・。そうこうしているうちに、台北市街地に向けて出発となったので、ガイドを先頭に、団体バス乗場へ移動です。それらしきバスが見つからない。ガイドが電話をかけ始めると、その後ろに見た事のあるロゴの小さなバスが到着し乗り込みます。

ホテルまで一時間ほどかかります。ガイドから注意事項や説明などを聞きながら向かいます。

位置的な関係からか、このツアーで一番安いホテルに泊まる自分たちのホテルへ最初に到着。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 3日

台湾2回目 2 チャイナエアラインCI131便

新千歳発15:35 台北着18:40(日本時間19:40) チャイナエアライン CI131便。離陸後、まもなく飲み物サービスと機内食のサービスです。

機内食はサーモンorポークでした。
 
そうそう、入出国カードをもらって記入しておきます。

iPodに入れた水曜どうでしょうを見ながら過ごし、ほどなく台北に到着です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年12月 2日

台湾2回目 1 新しい新千歳空港国際線ターミナル

8月26日(木)出発便の2時間前の集合(チケット引換)時間に国際線ターミナルの到着ロビーにあるツアーデスクへ。ここでチケット等を受け取り、出発ロビーに移動してチェックインカウンターへ。非常に空いています。今日は木曜日と言う事で、中国大陸の路線がない日。閑散としたチェックインカウンター。

自分達の乗るチャイナエアラインのチェックインの時には、釜山行きは出発済。仁川行きはあと30分で出発。あとは、チャイナエアラインより少し遅れて出発のエバー航空の台北行きと、更にその後に出発のキャセイの香港行きぐらいしかない日です。おかげで、チェックインカウンター、セキュリティゲート(以前の1つしかないセキュリティゲートから見れば全然良い)、イミグレとあっと言う間に通過し、セキュリティエリアに入ります。

以前は売店?相当の免税店しかなかったけど、、今度はきちんとした?免税店があります。売店もあったけど。あっという間に手続きが終わってしまったので、時間がまだまだ余ります。免税店を覗いてみたり、フードコートに足を運んでアイスを食べたりして時間をつぶしたりして時間をつぶして、飛行機に乗りました。

台湾 | | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »