« 香港06 香港2日目 1 | トップページ | 香港07 香港2日目 2 »

2009年10月11日

Windows7のエディションと価格

Windows7の発売まで2週間を切りました。
1月にベータ版を入れてみてXPとデュアルモード。
その後RC版を入れてみてXPとデュアルモード。
そしてRC版のみで稼動。
手持ちのソフトもハードもほぼ動く。
この辺からメインOSはWindows7。
Vistaは買わなかったけど、今回は買うつもり。
そこで考えるのはエディション。

●Enterprise
ボリュームライセンスのみ。パッケージ販売はない。Windows7の全機能入り。

●Ultimate
Ultimate
Windows 7 Ultimateアップグレード版が\24,690
DSP版FDDセットが\25,777
機能としてはEnterpriseと同じく全部入り

●Professional
Professional
Windows 7 Professional アップグレード版 発売記念優待パッケージが\18,601このパッケージは数量限定。
普通のWindows 7 Professional アップグレード版が\24,381
DSP版FDDセットが\20,777
機能的にはUltimateから暗号化のBitLockerと複数言語を無くした物かな。

●Home Premium
Home_premium
Windows 7 Home Premium アップグレード版 発売記念優待パッケージが¥12,994このパッケージは数量限定。
普通のWindows 7 Home Premium アップグレード版が\14,490
DSP版FDDセットが\15,777
機能的にはProfessionalからXPモード、ドメイン参加、自動バックアップを無くした物かな。

●Home BASIC
日本では発売予定のない新興国市場向け

●Starter
ネットブック等向けでパッケージ販売はない

Home Premium
(アップグレード優待パッケージ)
¥12,994
Home PremiumにはXPモードがない。
これはVistaやWin7で動かないソフトで困る。
Professionalとの差額は\5,607
差額を払う価値があると見る。
この機能の他にドメイン参加・自動バックアップの機能が不要ならHome Premiumで十分だと思う。

Professional
(アップグレード優待パッケージ)
\18,601

Ultimate
(通常アップグレード)
\24,690
ProfessionalにはないBitLockerと複数言語がある。
今の所不要と考えている。
Professionalとの差額は\6,089
不要の機能に差額を払う価値はないと思う。
どちらかの機能が必要なら、このエディションになるだろう。

これらを考えると自分的にはWindows 7 Professional アップグレード版 発売記念優待パッケージが一番良いようだ。
XPの購入以来、久々のOS購入となりそう。
と言っても今年に入ってからメインはWindows7だし、職場にもちらほらVistaのPCがあるので、GUIには慣れているので、あまり問題ないだろう。

そう言えば過去のCodeVersionを確認すると、
Windows95>>4.0
Windows98>>4.0.1998
Windows98SE>>4.10.2222
WindowsMe>>4.90.3000
Windows2000>>5.0
WindowsXP>>5.1
WindowsVista>>6.0
Windows7はWindowsCodeVersion6.1。
なんだそれ?と思ったが、
95~Meが4.x
2000・XPが5.x
Vista・7が6.x
そうくくれば確かにうなずける話だ。

|

« 香港06 香港2日目 1 | トップページ | 香港07 香港2日目 2 »

コメント

う~ん、なるほど。Lのみって選択肢もありですか。しかしまあ、「正しい」ライセンスの解釈は難しいですなぁ。

投稿: けんけん | 2009年10月12日 23:30

この様な選択肢もある様ですが、既にご検討済みでしょうか?

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/topic/feature/20090911_314639.html

投稿: 車長 | 2009年10月11日 18:14

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Windows7のエディションと価格:

« 香港06 香港2日目 1 | トップページ | 香港07 香港2日目 2 »